人の不幸は大好きサ❤︎

人の不幸は大好きサ!人の不幸は大好きサ!

あの娘が奴と別れた時も俺はニヤッと笑っちまった

。。BOOWY歌にこんな歌ありましたな

若者の未熟な心の奥底をえぐるような厨二病満載のリリックであり、文字通り、中高生の多感でナイーブな青年たちはノックアウトされてしまうのである

僕は社会人になってからはまった。。ふふ。マイ黒歴史

話変えるけど、ベルリンに来る前はパリに二年間住んでいてね、その時はパリのネットカフェによくお邪魔してたもんだ。というのも日本の方と仕事をしていてだね、データとかネットで送らなきゃいけない事がよくあったのだよ

だけどね

家のネットがちょくちょく使えなくなるんだわ。なんでかは分からないよ?パリではトイレの水が急に流れなくなったり、シャワーのお湯も出なくなったりするのは珍しい事でもなんでもないから驚かないよ?ドアが開かなくなっても驚かない。ある時は家の中の水道管が破裂したからね。あんた、水道管の破裂なんてハリウッド映画でしか見た事ありませんよ

パリは花の都っていうけどねぇ、俺にとっちゃ不便の都だったわ

でも何かしら心惹かれる魔力みたいなもんがある。なんでしょうね?歴史が醸し出す空気感かしらね。誰もいない真夜中のセーヌ川を散歩する時に感じれるあのなんとも言えない雰囲気は素晴らしいよ。ボンド様の気分になって優雅に歩くのだよ。ふふ

あぁ、で。データをね。ネットカフェのパソコン使って送るわけだ

だけど一つ問題がある。Windowsの古いパソコンしかないからか転送速度がすさまじく遅いんだ。亀の方が早いんじゃないか?っていうくらい遅い

一つのデータ送るのに二時間くらいパソコンの前に座ってるの。まぁ、機械を相手にイライラしてもしょうがないじゃない。せっかくパソコン使ってるんだから、ネットサーフィンでもやろうかしらとか思うじゃない?

だのに文字化けがひどくて無理なんだ!

『チャゲ&飛鳥』『不仲』『原因』ってググろうとしても『mbkld`』『0$#`』『)!’$』ってなる

だからパソコンの前でじーっとしてるしかない。本読んでてもそのうち飽きる、、っていうか集中出来ない。うるさくてうるさくて本読むのに適している空間ではないのである

何故ならば、ネットカフェって言ってもカフェではないのだ

あぁ、気づいた?ネットカフェじゃないんだよ。パリではサイバースペースって言うのかな?

IMG_1984

日本時代の癖でネットカフェ!ネットカフェ!って連呼してるけどカフェ的な要素は全くない。日本みたいに漫画が置いてあるわけではない。シャワーがあるわけでもコーラがぶがぶ飲めるわけでもない

だからおそろしく暇であり、であるからしてパソコンの前から動かないのが凄まじく苦行なのである。しょうがないからサイバーに来る人たちの人間観察を始める。っていうかやる事がそれしかない

ふぅむ。ただのサイバーなのに凄まじく大勢の人が出入りしていく。お店見てると宅配とか携帯のプリベイトカードの販売もしてるんだ。だから人が途切れない。老若男女問わず出たり入ったり、入ったり出たり

っていうか、パリ時代はやたら待っている状況が多かったな

かって知ったる日本では待ちながらも色々出来る。ちょっとその場離れたりね。全然危なくない。だがパリではそうもいかんのだ。その場から動けないシチュエーションが多いんだ

僕はパリに来てからじーっと動かない忠犬ハチ公の気持ちがよく分かった

じーっとその場にいる僕の周りを色んな人が通り過ぎていく光景はさながらハチ公の目線であるに違いない

パソコンの前に座りながらハチ公目線で人間観察する。言葉も分からない、動けない。ハチ公気分満喫である。心の中でワンワン吠えながらヒューマンウォッチングである

ささっときてメールチェックだけしてささっと帰る人多いね

時間が短ければ短いほど料金が安く済むからからささっと済ます。家でネット料金とか払ってネット繋げるよりこっちの方が合理的なんでしょうな

僕には無理だけどねぇ。。ネットに仕事も生活も依存してるからなぁ、むりむり

あぁ、やっとここから語りたいトピックに入るよ

さっきからずっと隣の席にいる人ね、恋人らしい女と涙浮かべながらずーっとSkypeで話している。ヘッドフォンしながらずーっとSkypeしている。ジョニーっていう顔してるからジョニーと名付ける

ジョニーは画面に夢中で僕なんか意識外

だけども僕は暇だからジョニーに意識集中

画面ではブロンドの美女が涙浮かべながらジョニーに何か語っておる。アイリーンって顔してるから以下、アイリーンと名付ける。画面のアイリーンのいる空間も何か部屋の電気を消してて薄暗いんだ

ふむ。こっちは昼間でアイリーンは画面の雰囲気から察するに夜であるな

ふむ。国をまたいだ遠距離恋愛か。大変だねぇ。

で、アイリーンの顔だけパソコン画面に照らされて明るいんだ。それが異様な感じなの。だけどアイリーンはね、美人なの。ブロンド美人。だから下手したらホラー映画なんだけどぎりぎり不幸な美女って映像になってる。それで涙浮かべながらこっちに語りかけてるの 

あ。僕にじゃないよ?ジョニーにね

ジョニーもうるうるしながら喋ってるんだ。ヘッドフォンで会話してるから二人の会話聞こえないんだけど。でも僕はね。生まれつき難聴で人と喋る時は唇読むか、顔の表情でその人の言いたい事を読み取る訓練をしていたわけだ。だから音声聞こえなくても大体分かる。読み違えている事も多いであろうが、正解率はきっと高めだと思う

加えて悲しそうな顔しながら喋ってるカップルの会話は大体どこも似たり寄ったりだから、僕の手にかかれば朝飯前なのだよ

ささっ!ハチ公ハチ公!

ジョニー 『なぁ頼むよ、アイリーン。別れるなんて言わないでくれ』

アイリーン『もう私達の関係は終わったのよ。あなたも分かってるでしょ』

ジョニー 『去年はあんなに燃え上がったじゃないか。忘れたのか?』

アイリーン『私、あなたを待ってるのに疲れちゃったの』

ジョニー 『今年は帰るから!もうじきお金が貯まるんだよ』

アイリーン『嘘!あなたは去年もそう言ったわ。嘘つかないで、、』

ジョニー 『アイリーン!僕を置いてくのかアイリーン!』

二人の表情から察するにこんな感じなのかな、、多分ね。

末期カップルの定番である。ひねりもクソもない

ジョニー 『いきなり何を言ってるんだ!僕と別れたいなんて!』

アイリーン『ごめんなさい、言うのが遅れたわね。実は前から言おうと思ってたの』

ジョニー 『まさか、、お前。。好きな人が出来たんだな!』

アイリーン『。。。』

ジョニー 『俺は信じてたのに、、あいつか!ケビンだな!ケビンの仕業だな!』

アイリーン『悪いのはケビンじゃないの!彼は悪くないの』

ジョニー 『あの野郎、、幼じみの俺を裏切りやがって』

アイリーン『悪いのは私なの、彼を責めないで』

。。どんどんひねりもなくなってくるな。でも何かずっとそんな感じなのね

カップルの痴話喧嘩見て妄想してる僕も暇なのか、ひどいやつなのか

多分両方だな

パソコンの前で二時間もじーっとしなきゃいけないハチ公な状況に置かれると誰だって心がささくれだってくるんですよ!心の中でワンワン吠えたくなってくるんですよ!

人の不幸は大好きサ!人の不幸は大好きサ!

あの娘が奴と別れた時も俺はニヤッと笑っちまった

可哀そうだとは思いはしない

チャンスがきたと思っただけサ

けれどその場はチョット

可哀そうな顔をしてるのサ

その仮面のすぐ裏の下心はかくし通して

woooo、、、エチケットさ!

異国の地でなぜかBOOWYの歌詞ばかり思い出す。きっと孤独感だったり焦燥感だったり。そんな感情を感じる事も多いから中高生のナイーブな気持ちに戻っちゃう時もあるんじゃないかしらね

ま。次は僕がアイリーンと。。ともならないけど

というよりアイリーンに認識されるところから始めないといけないし

だけど、こういう風にジョニーとアイリーンの会話を勝手に創ってしまうという事は、僕はアイリーンに下心があるのだろうか?ジョニーの不幸を望んでおるのだろうか?

 

人間ってやらしいワン!

 

xx

KENSUKE SAITO

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中