「おいしいごはん」

かきかきかき

たまに、アリスが紙に向かって何か書いている時がある

一心不乱にぺろぺろ舌なめずりしながら、かきかきかき

どれどれ?って見てみるじゃない?

momofood04

ほぅ。。俺が。。ご飯になっているのか?

ほぅ。。ご飯。。

人類が生存していく上で一番に大事なもの

むぅ。。ご飯。。というか、ハンバーガー

あぁ、思い返せば若い頃は外食三昧だった

サラリーマン時代、会社が入っているビルの一階がコンビニという今にして思えば、すごい良くない環境で働いていた。あれは確か。。ファミリーマートか?

ほぼマイ朝、ご飯抜き

ほぼマイ昼、コンビニ弁当か近くの店

ほぼマイ夜、コンビニ弁当か近くの店

ほぼ帰る時、コンビニでお菓子とお酒買って家で飲む。。

ほぼ毎日、コンビニやった。。

「今日は胃が重いから、ファミマばっかりは良くないな。。たまにはセブンイレブンにするか?」

なんていう恐ろしくも全く根拠のない会話が交わされていたくらい「食」というものに無知やった

偏食は良くないわよね!という事で、ファミマ→セブンイレブン→ローソン。。という風にせめてお店だけは満遍なく選んで偏らないように。。

そんな食生活をずっとしていたら胃だけじゃなくて精神も荒れていくわね。。

かようにアリスと出会う前までの食生活のレベルは恐ろしく低かった気がする

アリスは紙においしいご飯を落書きして、ニタニタしているくらい美味しいご飯をこよなく愛する女性だ

あぁ、またしても一心不乱にぺろぺろ舌なめずりしながら、かきかきかき

momofood03

ほぅ。。俺が。。ご飯になっているのか?

ほぅ。。ご飯。。

人類が生存していく上で一番に大事なもの

ご飯。。というか、ハムエッグベーコン?

あぁ、思い返せば、彼女が僕にご飯を作る楽しみを教えてくれた。夜遅くからでもご飯を作って、一緒に食べる大事さを教えてくれた

最初、付き合い始めたばかりの時は外食が多かった。色んなお店を知っているからすごい外食派なのかなって思ってた。勝手にだけど

ふむふむ。。ご飯を作るのは苦手なのかな?って思ってた。勝手にだけど

『ご飯作れるの?』

『うん。作れるよ』

信じてなかった なんかそういうイメージじゃなかったって言ったら怒られるか

一緒に暮らし始めてびっくりした

毎日毎日違うご飯が出てくるから

そして、毎日毎日美味しいのに、又びっくりしたんだ

一ヶ月間毎日違う料理だった時はもっとびっくりした

プロでもないのにレシピも見ないでどうやって作ってるんだって不思議だった。それから外食もするけど、家でご飯を食べる事が増えた

二人でご飯を作る時間は楽しい

その日、あった事を喋りながら

野菜炒めたり、麺を茹でたり

ぐつぐつぐつ、コトコトコト

キッチンで一緒に料理を作っているうちに分かってきた

美味しいご飯の基本って、相手の体調を考えてあげる事

疲れてるのか?元気なのか?お肉が食べたいのか?野菜が食べたいのか?それは毎日一緒に過ごして、一緒にご飯作って、沢山話してれば分かる事

初めてアリスがご飯作ってくれた時の事覚えてる。僕も一緒に手伝った。その時にびっくりした事がある

キッチンで一緒に作業してて、その作業の相性が凄いばっちりだった

アリスがこう動けば僕はこう動く、僕がこう動けばアリスはこう動く

一緒にご飯を作ってて楽しいって初めてだった。その時、初めてアリスと本気でやっていこうって思ったんだ

 

ご飯は人生の基本

 

ご飯を大事にして、初めていい仕事、いい創作が出来る

アリスに出会うまでは、ご飯はガソリンだと思っていた

ただ腹を満たせばいい

毎日ゆで卵にマヨネーズぶっかけてビールと一緒に食べていた。先ほども述べたが、基本外食、コンビニ弁当。それが一番、時間がかからないから

オリジン弁当は身体に良いと本気で思ってた

たまにおかんのとこで美味しいご飯食べてたけど毎日実家に帰る訳にもいかない。食事に時間をかけるのはもったいないと思ってた

その時は、仕事もばりばりこなしていたけど良い仕事出来ていたのかな

良い仕事もあったかもしれないけどきっと良い人生は送ってなかったな

今振り返るとだけどね。当時は一生懸命だったけどね

最近、おいしいご飯の意味が分かってきた

相手の体調を考えてあげる事

ただご飯を作るのではなく相手の体調を考えたご飯を作る事

毎日、同じご飯を一緒に食べてると分かってくる事ってある

自分の体調を通して、相手の体調が分かるようになってくる

そりゃ、そうだ。毎日、同じものを身体に入れてるんだもの

 

色々なご飯がある

 

家で、食べるおいしいご飯

友達と公園で食べるケバブ

夜中遅くに食べる中華料理

これからの人生、きっと色々なものを食べていく

日々、おいしいご飯が食べれてこそ、外で食べるご飯もきっと美味しくなる

 

おいしいご飯をありがとう

 

いつもいつもごちそうさま

 

って、。まだ書いてるよ

 

かきかきかき

momofood02

ほぅ。。俺が。。マフィンになっているのか?

 

x Kensuke Saito

 

 

 

 

「おいしいごはん」” への9件のフィードバック

  1. イラストと文章をいつも楽しく拝見しています。「ごはん」って言葉、いいですね。ホント、食事って大事で、作っている時に相手のことを想うって何て素敵なことなんだろうと感じています。きっとそれは誰にも何にも負けないスパイスなのかも。たまーに、とてつもなく食べたくなるケバブも私は好きけれど、きっとたまにだから何だろうと思います。

    いいね: 1人

    1. 年齢を重ねていくとともに食事の大事さが身にしみてきます。でもたまには、ケバブとかピザとかもいいですよね。若い頃は毎日でもよかったですが、今はちょっと厳しいですねー

      いいね

  2. はじめまして。
    ステキなイラストと、肩の力が抜けた、でも誠実で魅力的な文章に出会い、一発で虜になりました。
    読みはじめたら止まらなくなってしまいました。こんな不思議な空気感を持つブログは初めてです。詩のようです。
    フォローさせて頂きます。
    そして、お二人の作品を観てみたくなりました!

    いいね: 1人

    1. ありがとうございます!肩の力抜けてるけど、まっすぐな文章って言われると嬉しいですね。そういう文章心がけてるので。近々、僕とアリスの作品も見せていきたいです。よろしくお願いします!

      いいね: 1人

    1. 僕のパートナーのアリスがイラストを描いてくれてます。ご飯って、作る時は大変だけど、そういうのを積み重ねると大きいですよね

      いいね: 1人

      1. 素敵です!
        仰る通り積み重ねなのでしょうね。
        良い記事をありがとうございます!

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中