中国遠征記 〜1〜 「再びの中国」

7ヶ月前の2018年4月21日から5月5日という期間にわたって、僕と森下アリスは中国の成都で絵の展示会を行い、盛況のうちに終わり大きな手応えをつかむことができました

20180421_155310

改めてありがとう。再一次謝謝

前回の中国展示会の日々の記事は以下になります

未見の方はクリック / 読んでたらスキップ

中国紀行 〜1〜 「成都へ到着からの火鍋」

中国紀行 〜2〜 「人間関係の賞味期限」

中国紀行 〜3〜 『作る』と『創る』の違い

中国紀行 〜完〜 『右脳』と『左脳』の違い

20181113_152715

僕とアリスは、ベルリンに戻ってきてからも、忙しい日常のあれやこれと格闘しながら、展示会で掴んだ手応えや課題を元にコツコツと地味に作品を創る事に向き合ってきました

47319206_2187650204820594_8902716968310669312_n

春だった季節は、夏になり、秋になり。冬が来た

20170623_153831

ベルリンの四季を過ごしながら、コツコツと絵を描いてきた

47573158_2342524012638069_4925323681640480768_n

一つ、屋根の下で、コツコツコツ

20171201_010535

絵を描く創作空間と、日常を過ごす生活空間がごっちゃになってるんだわ。喧嘩の一つや二つなんて当たり前。それでもお互い頑張れるのは自分の中に信じれる何かがあり、それ以上に相手のことを凄いと思えてる何かがあるからじゃないかね

IMG_5589

晴れの日も雨の日も、コツコツコツ

20181021_142335

そして、12月16日から12月30日にかけて、中国は成都で僕と森下アリスの絵の展示会を行なうことになり、12月11日から1ヶ月近くベルリンを離れることになった。戻ってくるのは、。来年の1月14日。展示会の模様など、近々、中国からアップします

 

問題なくネット繋がればいいけど。。あ。VPNダウンロードしとかないと

 

ベルリンの年越しは毎年楽しみなイベントの一つだが、今年の年越しは、中国で過ごす事になる。ままま、何事も体験だ。どんな感じの年越しになるやらね

早速、ネットで調べたら。あらまぁ。。中国の正月は2月5日だから、ベルリンでも中国でも正月味わえないんだわ。。

 

ドイツはベルリンという異国の地で毎夜、作品を創作して

中国は成都という、また別の異国の地で絵の展示会をする

俺の本拠地ってどこやろうな?とは思わなくなったよ

色々と自分にとって大事な場所を増やしていきたいよ

様々な移民が大勢暮らすベルリンで暮らすというのは、思いの外に僕の思考に影響を与えているようだ

絵を描くこととは何か / 人間を描くこととは何か

20170916_071759

僕と森下アリスは、日々、色々なことを話したりしながら、絵を描いてきた

20180609_193839

中国で、どのような反応があるか、今から楽しみだ

 

この続きは中国からアップできるといいな。じゃあ、再見!

 

poster_for_sns_mini

Exhibition : · / PRIMITIVISM

開幕 Vernissage : 2018.12.16 15:00start

展期 Exhibition : 2018.12.16 – 2018.12.30

藝術家 Artists : Alice Morishita /  Kensuke Saito

策展人 Curator : 周楓然 / Fengran Zhou

Ausstellungsort: 当下艺术体验中心

Present Art Experience Center 

地址 Address : 成都市二环路南四段檀香山二期5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中