Sound of Berlin | ベルリンの音

2020年4月10日にYouTubeに公開した動画を文字起こししました。下記のurlが、僕のYoutubeのチャンネルです。興味ある方は見てみてください。

I created a text version of my video from April 10th. ↓↓↓↓ Please check out my Youtube channel (En + Jp) ↓↓↓↓

はい、ベルリンから斎藤研佑です。
Hi, this is Ken from Berlin.
今日はテクノミュージックの事について話します。
Today I want to talk to you guys about techno music

合わせて、今までの絵の制作風景の動画に音楽を提供してくれているベルリン在住のSJ Tequillaの音楽の作業風景も撮って来たのでそれを流します。
Along with today’s talk, I want to share some behind the scene clips of Berlin-based musician, SJ Tequilla. He is the one making the music for my earlier videos.

この日は友だちのAatyも来て一緒に曲を作っています。
His friend Aaty is there making music together.

彼らの曲作りを見学してみて感じたことだけれど、なんていうんだろうシステムなんだね。
Before the lockdown, I visited their studio. The music-making process was a system.

それが面白かった。
That interested me.

機械と機械を組み合わせ、音を鳴らしていく。
Combining machines together to create a sound.

一つの音から連動して、どんどん音が発展していく。
From one sound, it links to another sound, and gradually builds up

その音の洪水を発展させながら、コントロールしていく。
They develop this flood of sound and control it.

そうして一つの大きな流れができていくのです。
And one great big flow is made.

カオスをコントロールするダイナミズムが感じられて楽しかった。
It was really exciting to see them control the chaos.

音楽を作る人間でもない限り、出来上がった音楽しか聞く事ができないけれど、
Unless you are a music maker, normally we can only encounter finished music pieces.
僕はこの日、音楽が出来上がっていく過程に立ち会えて、凄い楽しかったし勉強になったBut that day, I was able to experience the process of the music being made.
It was really fun, exciting, and there was so much to learn.

テクノって一言に言っても色々なジャンルがあるけれど、まぁ音がシンプルでストロングっていう分かりやすい特徴がある
Techno is such a big genre, but I find the sounds very simple, strong and bold.

あんまりいろいろな音を重ねるような作り方じゃなくて。
The making process was not like building complex layers.


音の配置で楽しませていく。そういうのに惹かれるようになっていきました
It was the arrangement of the sounds. I was very attracted to this.

不思議なのはベルリンに来る前はテクノってあんまり好きじゃなかったのね。
Before I came to Berlin, I was not much into Techno.

でもベルリンで暮らしていくうちに、、いつのまにか好きになっていったという。
But as I live longer here, I grew to like it.

だから僕にとってテクノって存在的に大きいの
So for me, the presence of Techno music is big.

他のジャンルの音楽も好きなんだけど、それとはまた別の意味でね
I like other kinds of music too, but it’s a bit different.

テクノという音楽を分析していくことが、ベルリンに来てからの僕の考え方、感じ方の変化を分析することに繋がる。。みたいに考えています
Analyzing techno music actually lead me to analyze myself and my ways of thinking.

文化には必ず産まれる理由があります。
Culture always has its reasons for its existence

音楽もそのひとつで

Music is the same

なぜベルリンでテクノが盛んになったのか
Why Techno became a big hit in Berlin

もちろん理由はひとつではないと思うし、色々あります
I’m sure it a combination of reasons

だけど僕がひとつ、色々ある話の中で面白いと思った説が一個あって、どこかで読んだんだけど、昔のベルリンはまだ経済的に貧しかったこともあって、ほとんどのクラブが短期の賃貸契約で箱を借りて、安いスピーカーを使った脆弱なサウンドシステムで済ませていたのです。

but I found this one story interesting, which I read somewhere. Berlin back then was financially poor. And many clubs rented venues with a temporary lease contract, using cheap speakers and weak sound systems.

ま。お金がないから長期的なビジネスプランで考えるのが難しかったのだと思います。そのため、ゴージャスなメロディとかがある音楽を鳴らすことが音響設備的にむずかしくて、なるだけシンプルで強いビートを鳴らすテクノが根付いていったという話があって、あぁ。なるほどなって思いました。
Basically, they didn’t have money to financially plan their business in long terms I think.
Due to the conditions of the audio equipment, they couldn’t play gorgeous melodies and complex music. That’s why simple, strong beat of techno found its place here in Berlin. That really made sense to me.

もちろんそれだけではないだろうけれど、ひとつの理由としてはあると思います。
I’m sure that is not the only reason, but it can be one.

そういう風に、ある文化が生まれる背景を色々調べたり考えたりするのも大事な事だと思います。全ての物事には意味があると思うから
Thinking about how the culture developed itself and how it came to be is really important. I think there is meaning in everything.

ストロングなビートにシンプルなメロディ
Strong beats and simple melody.

いつものベルリンでは公園やクラブなどいたるところからテクノのビートが聞こえてきますが、今は全てのクラブが閉鎖し、公園に人が多く集まらないベルリンの街から、テクノのビートは聞こえてきません。
Normally in Berlin, you hear techno beats everywhere, from parks to clubs. But now clubs are closed, and people don’t gather too much in parks . We can’t hear techno beats anymore.

それでも多くのテクノミュージシャンは、自分の部屋で音楽を作り続けています。いつかまた、外で鳴らせる日が来ることを信じて。。テクノのビートが街角から普通に聴こえてくる、、そんなベルリンの日常が戻ってくる日が待ち遠しいです
Nonetheless, many techno musicians are continuing to make music at home. Hoping for the day they can play outside again. I miss those days where I hear the techno beats from the corners of the city.

音楽を提供してくれているSJ TequillaとAatyが、2年前の夏にベルリンのWarschauer駅付近でライブをしたのですが、その時のライブ音源をテープでリリースしたようです。僕はカセットのジャケットデザインを担当しました。視聴&購入できるようなので、興味ある方はこの動画の説明欄にリンクがあるので、見てみてください。
SJ Tequilla and Aaty did a gig 2 years ago near Warschauer str. Station. They recently released a mix tape of this gig. I designed the mix tape cover. You can listen and purchase this mix, so if you are interested, you can find the link below.

ではそんな感じです。ベルリンからです
That’s it for today from Berlin!

#music

#techno

#berlin

#culture

#japaneseartist

#documentary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中