いつかは終わる | End eventually comes

2020年4月22日にYouTubeに公開した動画を文字起こししました。下記のurlが、僕のYoutubeのチャンネルです。興味ある方は見てみてください。

I created a text version of my video from April 22th. ↓↓↓↓ Please check out my Youtube channel (En + Jp) ↓↓↓↓

はい、ベルリンから斎藤研佑です。今日の動画は前々回の動画からの続きで今年2020年1月27日から2月1日までの絵の制作風景を流します。ここまで描いてきた絵は今回の動画で完成。。となります。では見てください。

Hi, this is Ken from Berlin. This is a continuation of my work in progress video. This was shot from the 27th of January to the 1st of February. The painting I have been filming is finally finishing. I hope you enjoy the video.

絵はこれで完成です。最後にこの絵で何を表現したかったのか語ります。

The artwork is at its finale. I want to talk about what I wanted to express through this piece.

まず色というもので人間を表現したいと考え「七つの大罪」をテーマに選びました。人間を罪に導く可能性がある七つの感情のことでキリスト教ではそういう風に呼びます。七つの感情にそれぞれ色をイメージし、七つの手が感情を一つ一つ持っているように構成しました。

I wanted to express mankind through color and chose the theme of “Seven Deadly Sins”. These are the seven emotions that are thought to lead man into sin in the teachings of Christianity. I imagined each emotion as a color and allowed the seven hands to carry each emotion.

嫉妬=青

jealousy=blue

憤怒=赤

rage=red

色欲=ピンク

lust=pink

強欲=オレンジ

greed=orange

暴食=黄色

overeat=yellow

高慢=紫

pride=purple

怠惰=緑

laziness=green

全てを握る複数の手を持つイメージは、仏教画の千手観音から来ている。

The image of numerous arms comes from the Buddhist painting of “Thousand-armed Kanon”

人間を堕落させる可能性のある七つの感情であるが、それらを否定するのではなく、過剰にならないようにコントロールすることが大事なのだと思います。そういう思いを込めて、七つの罪の中心に位置する人間の体を、それぞれの色を使って描いています。

These seven elements can corrupt a man but instead of denying this, I believe that it’s important to have them under control.  with those thoughts in mind. I painted a human figure in the middle of these elements of “Seven Deadly Sins”. using different colors.

頭、胴体、股間という身体の中心部分を白という色にしたのは、生命の始まる前の状態を「無」=白とイメージしたからであり、始まりは無垢という意味でもあります。

Head, torso, and the groin area which is all located in the center of the body is white. I wanted to portray the status before life began and I expressed the “purity” in the color “white”. I wanted to deliver the message that 

there is purity in the beginning.

そういう風に考えてこの絵を描きました。計27日間にわたって描き続けてきたこの絵もこれで完成です。絵を描いていくって大変なことも多い、だけど凄い幸せを感じる時間というのがいくつかあって、そのなかの一つが絵が描きあがる直前の何時間かです。

This is my thought behind this painting. It took a total of 27days to complete this painting, and it has finally come to an end. There is so much hardship in continuing to paint but there is always this moment of satisfaction and happiness I encounter. One of the moments is when I’m finishing up a painting.

もう完成しているのにそれを認めたくなくて、ずっと細かい部分をヌリヌリしているのです。でもいつかは別れの時が来るみたいな感じで観念して筆を置くのです。完成した瞬間に絵は描き手の元を離れます。何日間か余韻に浸ったら、また次の絵に向かう。その繰り返しです。。

I’m finished, but not being able to accept that I keep adding in little bits and details. But I eventually come to terms with the fact that it’s time to say goodbye. The moment the painting finishes it departs from the hands of the maker. I enjoy the trails it left off for a couple of days. and then, I go into the next painting. I keep repeating this pattern.

はい。今日はこんな感じです。みていただいてありがとう。ベルリンからです。

That’s it for today. Thank you for watching the video. That was Ken from Berlin.

#art

#japaneseartist

#workinprogress

#culture

#documentary

#drawing

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中