CHANGES | 変化

2020年4月29日にYouTubeに公開した動画を文字起こししました。下記のurlが、僕のYoutubeのチャンネルです。興味ある方は見てみてください。

I created a text version of my video from April 29th. ↓↓↓↓ Please check out my Youtube channel (En + Jp) ↓↓↓↓

( English below )

はい。ベルリンから斎藤研佑です。

今まで自分がアップした動画を見返して思ったんだけど、自分でも驚くのが結構喋るようになったなっていうね。

この自分のこと積極的に喋るっていう部分が海外に住みだして、一番に変わった部分かもしれない。自分の中でね。

日本で働いてた頃って、あんまり自分のこと喋らなかった気がする。。世間話とかはしても本心は語ってなかった気がする。自分、ギリぎり昭和生まれだから、まだ日本特有の男は黙って働くべし!みたい気風があったと思う。

誰かに言われるわけでもないけど、時代の空気としてそういうのあるから。。今もあるのか。。どうなんだろう?80年代、、90年代もまだあったかな。、

必要以上に喋らなくても皆んなが通じ合ってやっていけた幸せな時代があったの。そういう共同幻想があったと僕は感じているんだけど、テレビや新聞という巨大メディアが今よりも力を持っていた時代。

みんな、同じものを聞いて同じものを見ていた時代。

ひとつの共通の価値観を共有していた時代。

いいかわるいかじゃなくて、そういう時代があった。2000年に入る前くらいから。なにかがどんどん変わっていった。その前の1995年、「地下鉄サリン事件」というのが起きた。

ちょうど僕が高校生の時に起きた事件で、ある日本の宗教団体が多数の乗客が乗っている地下鉄内で神経ガスを散布するというテロ事件なんだけど、その事件のニュースを見た時、なんとなくだけど日本という国が、もうそれまでの日本じゃないんだなって感じたのを覚えている。日本という一つの国で、みんなかみんな同じ価値観を持っているという共同幻想みたいなのが崩れていってる気がした。

いつの間にか。歪みが産まれていて、その歪みは大きくなっていて。。

文化とかアートって、その時の時代の空気を反映する部分があると思うんだけど、その「地下鉄サリン事件」の起きた1995年。テレビで、「新世紀エヴァンゲリオン」っていうアニメがやってたの。

当時は全然見なかったんだけど。。周りは結構見ていて、。何年後かに再放送したりとかで、凄いブームになっても僕は全然見なかったの。たまたま僕のアンテナに引っかからなかっただけなんだけど

最近になってだよ。ベルリンに住みだしてから。ネットで、テレビ版の一話から順番に見ていったら、どんどんはまっていったの。

あの時代にこういうアニメが流行った理由がやっと分かって。90年代の日本の時代の閉塞感とか、他者とのコミュニケーションを取るのが難しくなってきている戸惑いとかそういうのを感じた。

海外くるとわかるのが、ま。僕の場合、ベルリンなんだけど。

誰も自分のこと分からないの当たり前で

喋らないと分かり合えないの当たり前で

だから分かり合えないことを大変だと思うんじゃなくて、当たり前だと思ってどんどん喋って説明していくというみんなの姿にまずびっくりしてね。

僕はこっちで絵を売っていこうと決めた時も、絵は描くけど、絵の説明はしないというスタンスだったの。始めはね

「絵は見れば分かる!」みたいに思ってたんだよ。説明しなくても伝わるのが本物の絵!みたいな。。

まぁ、それだけ自分の絵に自信があったっていうことだけど、やはりというか力不足というかそれじゃ全然ダメでね。

「これはこういう絵なんです。」という事を説明しなければ、全然伝わらないから。

で、しぶしぶ説明しようとしても全然出てこないの。言葉が。。絵を説明する言葉が出てこない。。頭の中には、もわもわしたアメーバみたいなイメージはあるんだけど。。

「心の奥を表現しました」とか

「精神世界がなんたらかんたら」とか、そういうふわっとした言葉はいくらでも出てくるんだけど。そんなもん定型文みたいなもので。当たり障りない言葉を並べているだけだから。

言葉がないって、考えがないと言われてもしょうがないんだな。。

それに気づいた時、凄い悔しかったけど、そこから自分の考えを言葉にする。

自分の絵を言葉で説明するという事に何回も取り組んでみた。それは自分の考えに言葉という形を与えていく作業でもある。

アメーバに形を与えていく作業。慣れるまでは大変。

自分は今までそれをやってこなかったわけだから、、今でもまだまだ出来てないと思う。

それでも他者とコミュニケーションしたいと思ったから、自分の絵を他者に分かってほしいと思ったから。。やる。

そういう風に考えて動いていた時に見たのが、たまたま「エヴァンゲリオン」だったから。。

主人公。。ま。シンジ君がさ、ずっと他者とのコミュニケーション怖がってて、他者と関わるの怖がってていやだいやだ言っていて。。最後。。あれさ。。地球が滅ぶの? 溶けるんだっけ?アメーバみたいにみんなが溶けていくよね。

あの感覚よくわかるんだ。胎内回帰願望だよね

なんでも形を与えていくのが一番大変な事だから。。

形を与えるという事は責任を取るという事でもあるから。

アメーバみたいに溶けてしまえ!って思ったシンジ君の気持ちはよく分かる。。とまぁ。

色々考える事はあったわけで。

これはあくまでも自分というアーティストのみにおいての考えね。

そうじゃない考えがあってもいい。

アメーバみたいなままでもいい。

説明というものをどこまでするかという部分でもアーティストそれぞれ線引きがある。

でも、僕自信で言えば、

絵を描いて、それをどんどん、喋ったり動画にしたり。色々な形で伝えて、そうね。言葉でもいい。映像でもいい。音でもいい。自分の考えに形を与えて、相手に渡す。どういう形の与え方が効果的か。。常に考えながら。

どんな形でもいい、、

ただやはり他者と関わってこその人生だなって思います。

今日は、こんな感じです。ではまた来週。ベルリンからです。


Hi, this is Ken from Berlin.

I looked over the videos I uploaded and realized that,I talk more now.

This is one part of me that changed the most since I started living overseas.

When I was working in Japan, I didn’t talk about myself too much. I would do small talks but nothing very personal.

I’m born in Showa era (1926~1989) so there still was this Japanese masculine idea that men should just shut up and work.

nobody tells you to be that way.

but the atmosphere at that time said it all.

Is it still there now? I don’t know.

They still had this idea in the 80’s and 90’s.

There was a time in Japan where people did not have to explain much to understand each other.

I believe that there were some common ideas amongst the Japanese. 

TV and newspapers was a strong media source at that time.

When everybody listened to and saw the same things.

A period of time when we shared mutual values.

It’s not that it’s good or bad, there was a time like this.

Right before entering the 2000’s, things changed rapidly.

In 1995 there was the “Subway Sarin Gas Attack”

It was when I was in high school. A Japanese cult group spread a chemical gas weapon in the subway of Tokyo.

When I saw this news, I kind of felt that Japan was not the same Japan anymore.

Japan seemed to be a country where everybody shared similar values and common ideas and it seemed like it was crumbling down.

Without realizing it, there was a distortion and it grew bigger and bigger.

Art and culture strongly depicts the atmosphere of the time I think.

And in 1995, after the “Subway Sarin Gas Attack”

The animation, “Neon Genesis Evangelion” started on TV

I did not watch it at that time.

But many people around me were watching it

A couple years later, they did reruns of the series and created quite a hype at that time. But still, I didn’t watch it.

It didn’t really speak to me at that time.

Recently, since I started living in Berlin,

I saw the TV series of this on the internet. I was totally hooked.

I finally understood why this animation created a hype in Japan at that time.

It expressed Japan in the 90’s where there was the feeling of entrapment

difficulty communicating with people and confusion people were experiencing.

When you live overseas, in my case in Berlin.

It’s normal that people don’t know you.

and you need to communicate in order to understand each other.

so instead of feeling the difficulty in not being able to understand something.

I was surprised by the people here who constantly explained themselves to other people.

When I decided to focus on making and selling my art, I painted but didn’t feel the need to explain my work.

That was in the beginning.

I used to think, “You can see it in the painting!”

I used to believe that real art didn’t need an explanation.

I was very confident in my work, but that definitely was not enough.

You need to explain the thoughts behind it or else people cannot understand your message.

So I reluctantly tried to explain my work

But words didn’t come out.

I have this abstract image in my head, “I’m expressing what I’m deeply feeling” or “The spirituality of…..” 

These vague phrases come out easily.

But I feel like these are like templates.

These are words that broadly touches everything and nothing.

Not having the words to explain myself, people can easily say that he has no message or thought behind it.

When I realized this, it was frustrating but accepted it and put my thoughts into words.

I tried to explain my painting using words over and over.

Putting your thoughts into words is like giving form to an idea.

Giving form to an abstract idea.

It was hard at first.

I did not do this up until now so it will take a while for me to learn this.

Still, I wanted to communicate with others.

I wanted others to understand my works, so I’m doing it.

When I shifted my thoughts this way, I encountered “Neon Genesis Evangelion”

The main character…. Shinji…he continues to fear communication, and was scared to get involved with others.

At the end…. what was that? The world ends? Did it melt?

Everybody melts like an ameba.

I can understand this thought process. I think it’s the desire to return to womb.

Giving form to something is always the hardest part.

Giving form, also means to be responsible of that.

I can understand how Shinji came to the conclusionthat people should all melt like amebas.

I reflect on my thoughts.

This is how I think as an artist

and I think there can also be other ways of approaching your artistry.

You can stay as an ameba too.

Every artist has their own thoughts on whether to explain their art or not.

In my case.

I keep painting, talking, and making videos of it. In order to communicate my ideas.

it can be words, it can be videos, and it can sound.

I form my ideas and I pass it on to someone else. I’m always thinking about what the best ways to communicate may be.

It doesn’t matter what form it’s in

But I feel like being involved with people makes life worth living.

That’s it for today.

See you next week!

That was from Berlin.

#culture

“japaneseculture

#anime

#evangelion

#japaneseartist

#street

#cityview

CHANGES | 変化” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。ここで書かれていることとちょっと共通点があるかなと思い、リンクを載せますね。良かったら覗いてみてください。2、3日前に偶然見つけたリンクで、コミュニケーションのことが書かれています。私はドイツに来て10年が過ぎたのですが、最初の頃(今でも時々)ドイツ語という言葉以前にコミュニケーションの方法の違いに戸惑ったことを覚えています。

    https://ssl.pan-nations.co.jp/column/226.html

    いいね: 1人

    1. すいません。コメントしていただいたのに、見落としてたみたいです。オススメしてくれたリンクを読んでみました。凄い面白いし、腑に落ちますね。ヨーロッパと日本だとこんなに違うんですね。面白いです。

      なんか、日本の長所と弱点を見極めるのって大事だなって思っていて。だから嬉しいコメントでした。ありがとうございます。

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中