BERLIN AGAINST RACISM | 息が出来ない世界

2020年6月12日にYouTubeに公開した動画を文字起こししました。下記のurlが、僕のYoutubeのチャンネルです。興味ある方は見てみてください。( English below )

I created a text version of my video from June 12. ↓↓↓↓ Please check out my Youtube channel (En + Jp) ↓↓↓↓

ベルリンから斎藤研佑です。

2020年6月6日にベルリンのアレクサンダー広場で開かれたデモに参加してきました。

2020年5月25日にアメリカのミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人が白人警察官に殺害されるという事件が起きた。

このニュースを文章で見た時にまたひどい事が起きてしまった。。と思った。

でもこの時は、まだ実際の映像を見ていなくて事件の詳細を詳しく調べる事もなかった。

後日改めて事件の映像を見て、残酷さにショックを受けたのとこの事件では実際殺害した警官以外にも殺害に関与した三人の警官がいて、そのうちの一人にアジア系の男性がいたという事が僕にとって深く考えるきっかけになった。

今回のアメリカで起きた事件を受けて、僕の住んでいるベルリンでもデモが行われる事になった。そのデモが行われる4日前くらいから僕は色々と考えた。思い返せばベルリンに住み始めて、強く感じた事がふたつある

一つは、この国は第二次世界大戦中に、ユダヤ人を虐殺した歴史を決して忘れてないし、今でも強い教訓にしているという事だ。

それは政策などに強く反映されているし、生活しているだけでも肌身に感じる事ができる。

特定の人種がその特権的立場を利用して、別の人種や思想を持つ人を差別、迫害する事が二度とあってはならないというのがドイツの国としてのスタンスだと僕は感じる。

だから今回の事件に対して、こういう大きな怒りの声があがったのだと思う。

与えられた権力を暴力みたいに使ってはいけない。

僕が育った日本でも、人種差別はあったのだろうと思うけど、生まれた身体的特徴のみで、暴力を振るわれたりするほどの差別を感じた事は僕にはなかったから、今回起きたような人種差別からくる事件について僕が語れる言葉はないと思っていた。

だけど例えば、僕は身体障害者二級レベルの難聴を持っている。

この障害を持っているがために生まれ育っていく過程でも社会における自分の立ち位置の弱さを感じる事は多かった。

生まれ持った身体的特徴のみで最初からハンディを背負う事。区別される事。

そういう差別はアフリカ系アメリカ人ほどではないにせよ僕も感じながら生きてきた。

イメージする

例えば難聴なだけで暴力を振るわれて、それをも正当化される。もしそんな事が許されるならこれほど恐ろしい事はないだろう。

肌の色や目の色だけで判断するって、そういう事だ。

僕は人種差別問題をそういう風にイメージして考える事が出来る。

傍観者ではなく当事者になる想像力を持った時にこの事件の恐ろしさが分かってくる。

そして、もう一つがデモをする事の大切さだ。

この国の人は何か疑問を感じたり、怒りを感じた時、メッセージを発信したい時にデモを行う。

そしてドイツという国は、そのデモから発生したメッセージをちゃんと受け取って急いで何かしらの対策を講じる。

そのスピード感が凄いなと感じる事が多くて国民が政治に参加しているダイナミズムを感じる事ができる。これが民主主義の根源なのだと思う。

今回はコロナ禍で「人の密集」を控えなければいけない状態の時期でこのデモが開かれる事の意義も問われていた。

ただ、こういう声を上げなければいけない状況の時にそれを禁止してしまう事は民主主義の崩壊なのだと思う。

だから、このような状況でもドイツはデモを禁止する事ができない。

僕がこのデモに参加してみて分かった事がある。幅広い年齢層がこのデモに参加していて問題意識の強さもばらつきがあったように感じる。

やはり歳を重ねれば重ねるほど社会の事を心配するようになるし、おじさんおばさんの世代の方が真剣にデモに参加している感じ。

逆に若い人は遊び半分で参加している人もいたかもしれない。でも、それでいいと思う。

おじさんおばさんだって、かつては若い人だった。

大事なのはデモをする事が社会にどのように影響を与えていくか。それを若いうちから見て感じて学ぶ事ってきっと多い。

そして、その若い人が歳を重ねて真剣に考えるようになって、また次の世代に受け継いでいく。

最後に一つ。デモでは人々が段ボールなどにスローガンを書いて掲げる。

いろいろなスローガンがあった。

「Black Lives Matter」/ 黒人の命は大切だ

「All Lives Matter」/ 皆の命は大切だ

「No justice! No peace!」/ 正義なくして平和はない

「End Racism」/ 差別を終わらせろ

帰るときに僕の中で一番心に響いたスローガンに出会えた。

「Can you breathe?」/ 息ができますか? 生きる権限が与えられていますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hi, this is Ken from Berlin.

On June 6th, 2020

I participated in the protest held at Alexander Platz.

On May 25th, 2020

In Minneapolis, Minnesota (USA)

there was an incident of a white police officer killing an African-American man.

When I saw this on the news, 

I thought it was another horrific inicident

But at this point

I hadn’t seen the video and did not know the details of the incident.

A few days later, I saw the video

and was devastated and shocked by its brutality

In this inicident, three more officers were involved

besides the main suspect

and one of them was an Asian officer

This made me think about this inicident a bit further

In reaction to this horrific incident in the US

in Berlin, protests and demos

were put into action.

A couple days before the protest

I was thinking about a lot of things

Since I started living in Berlin

there were two things I felt strongly

First of all,

I feel that this country has not forgotten

the devastating history of the holocaust but instead

is taking that incident as a lesson to this day

It is reflected on many policies

and I feel this strongly from just living here

I feel that Germany holds a standpoint that 

people of specific race or in priviledged positions 

should not discriminate people for their race or beliefs

this part of history should not be repeated

I think this is also why this recent incident 

triggered so much anger in many people here 

One should not use authority in a violent manner

In Japan, when I was growing up

racism existed

I never experienced severe violence

from the difference in physical characteristics

so I feel that I cannot really speak about 

racism on its own

But as for me,

I have severe hearing disability (2nd degree in Japan)

and due to this disability

while I was growing up

there were many times where

I felt that my position in the society was somewhat weaker

Having a handicap due to the physical characteristics you were born with And be classified differently

What I experienced is not as severe as the African-Americans in the US

but I did experience a sense of discrimination

I imagine

for example, you are brutally beat just because you have a hearing disability

and is justified

if this was permissible

It would be horrifying

Judging by the color of their skin or eyes is exactly the same

I imagine this while I think and reflect 

on the topic of racism

Instead of being the bystander, feel as if it’s happening to you

when you can possess this sense of imagination

I believe that you can see how horrific this incident is

Another thing is the importance of protesting

In Germany, when people question things, are angry, or want to deliver a message, they protest and hold demostrations

And Germany 

takes that message from the protests

and take measures according to the voices of the people

I find this speed and the swift action very impressive

I can feel the people taking part in political decisions

I believe this is the core of democracy

Right now, due to the corona pandemic

we are told to avoid concentrated areas

and many spoke about the meaning of having protests

but in times where people need to speak up

prohibiting the act 

I believe would be the fall of democracy

so even in situation like this

Germany cannot ban protests and demos

Taking part in this protest, I learned something 

Many people of different ages were there

there were differences in the awareness as well

Older you are

you are seriously concerned about the society

Older generation seems to be

taking these protests seriously

on the other hand, there were some younger generation

that participated to have fun

but I think this is ok

older generation was once the younger generation

what’s important is to see how 

these protests are affecting the society

seeing this from a young age and feeling it

there is so much you can learn there

and as these younger generation grows older

they begin to think about these seriously

and they pass this onto the next generation

Lastly,

at the protests, many had slogans

written on cardboards

there were variety of slogans

「Black Lives Matter」

「All Lives Matter」

「No justice! No peace!」

「End Racism」

when I was on my way back

I found a slogan that touched me

「Can you breathe?」


#blacklivesmatter

#blm

#icantbreathe

#antiracism

#nojusticenopeace

#wecantbreathe

#berlin

#germany

#protest

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中